01 縹地唐草花鳥文夾纈絁 より

■正倉院宝物とデザインについて
正倉院宝物は一度に成立したのではなく、何段階かに分かれて成立しており、成立過程も皇室からの献上品、東大寺独自の収蔵品、皇室以外からの献上品と様々である。
もっとも根幹をなすものは、聖武天皇の七七忌に光明皇后が天皇遺愛の品々ならびに皇后に縁のあるものを東大寺大仏に献上したものである。その後も若干の宝物が光明皇后から東大寺に都合五度にわたって献上された宝物は正倉院正倉の北倉に納められ、今日に伝えられている。
光明皇后が五度にわたって東大寺大仏に献上した時に副えられていた献物帳には、①国家珍宝帳 ②種々薬帳 ③屏風花氈等帳 ④大小王真跡帳 ⑤藤原公真跡屏風帳がある。「国家珍宝帳」とは正式に「東大寺献物帳」と呼ばれるべきものであるが、この献物帳の冒頭に「太上天皇の奉為に国家の珍宝を捨して東大寺に入るる願文」との文言による。
中倉、南倉の宝物には東大寺の千手堂や東小塔などに保管されていた宝物や元々東大寺に保管されていたもの、儀式に使用されていた宝物、献上物を入れた箱類がある。
これらの宝物に使われている文様を再現したのが天平文様シリーズである。

縹地唐草花鳥文夾纈絁(ひょうじからくさかちょうもんきょうけちのつむぎ) 北倉182

縹地唐草花鳥文夾纈絁(ひょうじからくさかちょうもんきょうけちのつむぎ)(北倉182)
長さ21㎝、幅22cmのほぼ正方形の裂。用途は不明。図の下方を横に走る染料の滲みの線が裂の折り目で、これを境に上下に同じ文様が打ち返されている。全面に繰り広げられる花葉の蔓は網目風だが、幾何学的な抽象性を脱してやわらかく、空間に置かれているやさしい鳥の姿ともあいまって、いかにも日本的な雰囲気を感じさせている。この網目風の蔓から、やがて有職文様の立涌が生まれるであろうこと、想像に難くない。
鳥の丈6cm 日経新聞社「正倉院の文様」より引用

商品説明

仕様

01 縹地唐草花鳥文夾纈絁 より
円(税込)